うおざき支援センターより、講演会『ともに支えるまちづくり』開催のご報告

公開日:2019年1月15日

うおざき障害者地域生活支援センターで地域支援機能強化事業の担当している前川です。

 去る1月10日(木)に開催しました講演会「ともに支えるまちづくり~医療的ケアが必要な児童とその家族の想い~」におきまして、医療的ケアを必要とする子どもの母親の岡﨑様と訪問看護『つくし』の森様、相談支援専門員『ひがしなだ障害者地域生活支援センター』の吉山様にご登壇をお願いし、皆さまの立場から医療的ケアを必要とする子どもの在宅生活を支えるための現状や課題などについてお話していただきました。

 当日は70名を超える参加者となり、岡崎様からはご自身の実体験を家族の声として聴くことが出来る貴重な機会となりました。多くの方に医療的ケア児の抱えている現状や課題、『誰もが安心して暮らせるまちづくり』について考えるきっかけになったことと思います。

 また、岡﨑様のご講演内容を文書化したデータを頂くことが出来ましたので、こちらに掲載致します。是非ご一読ください。

 今後も地域支援機能強化事業では、障がいのある人が地域で安心した生活が継続出来るように講演会等を開催しますので、皆さまのご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

 

   岡崎様のご講演内容