くらし部会を開催しました

公開日:2011年11月29日

 11月28日 くらし部会を開催しました。

今回は、「人と防災未来センター」の宇田川真之さんをお呼びし、災害時の対応についてのお話と、「災害時に起こりうること」について出題されたクイズ解きながら、障害種別ごとの支援の方法や、自助、公助、共助の役割分担について考えました。

  

 

 

 様々な道具が書かれたカードが配られ、出されたクイズに使える道具はどれか、皆で協議をしています。

 

 

 

各グループで考えたクイズの回答を発表しあい、ホワイトボードにまとめました。

 最後に、「自分でできること」「地域と一緒にやること」「行政がやること」のそれぞれを整理し、優先順位をつけていくことが大事、というお話を聞き、今後、そのような作業をしていき、早急に取り組むことと、長期的継続的に取り組むこととを整理していけたらと思いました。

 宇田川さん、色々とわかりやすいお話をありがとうございました。

 次回は12月19日に開催予定です。

居宅介護事業者ネットワーク会議を開催しました。

公開日:2011年11月25日

 11月24日(木) 居宅介護事業者ネットワーク会議を開催しました。

 はじめに、先月開催した研修の振り返りを行いました。

 前回のテーマは、へルパーが実践に役立つ内容を学ぼうということで選んだものでしたが、「もっと具体的なノウハウを学びたかった。」という声も多く、皆さんに満足していただく研修を企画していくことの難しさを改めて感じました。

 ひとまず、研修については今後も続けて開催していくことを決めました。

 その後、それぞれの事業者で今困っていること、今後このネットワーク会議で検討していきたいこと、などを自由に発言しあいました。

 今回の会議はかなり自由?!な、(まとまりのない、とも言う?!)会となりました。ご参加くださった事業者の皆さま、ごめんなさい。次回は、しっかりと意見交換できるようにしたいと思いますので、また是非ご参加ください。

 次回は2月か3月頃に開催予定です。 

 

 

こども部会を開催しました

公開日:2011年11月22日

しばらく更新できていませんでしたが、こども部会は毎月開催しています。今月は情報提供冊子&サポートブックの「まめの木」について、詰めの作業を行いました。

見やすいページ進行は?
ここの情報はもっと詳しくしないといけないのでは?
あいさつの文章で何を伝える?

などなど。大まかな形はできてきました。12月のなかよしキッズ(12月14日:区役所・12月21日:本山南学童保育コーナー)で保護者のみなさんに見ていただき、ご意見を伺う予定です。よりたくさんの方のご意見を反映したいので、ご都合のつく方はどうぞご参加ください☆

今こんな感じです→

 

新プロジェクト「事業所紹介プロジェクト」をたちあげました。

公開日:2011年11月16日

ご報告が遅れましたが、ネットワーク会議にてお知らせいたしました新しいプロジェクトが10月に立ちあがりました。

「事業所紹介プロジェクト」として、養護学校の先生や就労継続支援B型、生活介護事業所の皆さんにご協力いただくことになりました。

在宅の障がい者の皆さんや養護学校在校生などに利用や進路選択の一つとして障害福祉サービス事業所をPR・紹介していきたいと考えています。最新の情報をお届けできるようガイドブックを作成したり、障がい者の皆さんと事業所が出会う機会として相談会のようなものも企画したいと思っています。

すでに進路セミナーとして開催している北区の自立支援協議会や手をつなぐ育成会からアドバイスをいただきながら、進めていきたいと思っています。

 

しごと部会 11月定例会開催しました

公開日:2011年11月16日

11月7日に定例会を開催しました。

☆今月は、12月開催の販売会を12月16日10:00~16:00に御影クラッセ前広場で開催します。

皆でアイディアを出しあい、クリスマスを楽しめる販売会にしたいと思っています。ただ今、ちらし作成中です。また、出来上がったらお知らせします。

☆東部地域障害者就労推進センターからは実習状況や障害者合同就職面接会の様子をうかがいました。やはり、「働きたい!」という強い気持ちをお持ちの障害者の方が就職に結びついているとのこと。しごと部会のメンバーでこれからも就労について考えていきたいと思います。

くらし部会を開催しました

公開日:2011年11月8日

 11月7日 くらし部会を開催しました。

 今回は、10月に学んだ魚崎町防災福祉コミュニティーの取組について振り返りを行い、この部会での取組の方向性について意見を出し合いました。

 魚崎町防災福祉コミュニティーの方々とは、今後も緊急時要援護者支援について一緒に考え、よりよい仕組みづくりに協力していけたら、と考えています。

 また、今後の展開として、

1.緊急時の要援護者の状況をもっと知るための取組が必要であること。

2.福祉避難所の存在について知ってもらうための取組が必要であること。

3.地域の防災福祉コミュニティーに、障害者への配慮点をまとめた提案書のようなものを出していきたい。

 という意見が出ました。

 しばらく、この部会では、緊急時要援護者支援について検討を続けます。

 次回は11月28日に開催予定です。