こども部会開催しました

公開日:2013年10月30日

ずいぶん更新していませんでしたが、こども部会は毎月開催しています。

さて、今月のこども部会では、今後の取り組みについての話し合いが行われました。
こども部会では、中高生の子どもたちの資源の少なさが話題になっており、中高生向けの取り組みができないかということで、ここ数か月検討していました。そこで、夏休みのイベントで行った体を動かす遊びが好評だったこともあり、同じような内容を中高生向けに開催することになりました。イベントの名前は「元気アップジム」。放課後の時間帯、会場を借りて、障害者スポーツ振興センターのインストラクターの方にお越しいただき、トランポリンやバランスボールを使って体を動かせるイベントです。

1回目は11月25日、東灘体育館で、2回目は12月12日、御影クラッセの4階ユースプラザで行います。
対象は小5~高3のみなさん。思いっきり体を動かしてほしいと思います。

 

そのほかに、年明けに思春期をテーマにした講演会を予定しており、現在講師や開催場所の選定中です。
できればお話を聞くだけでなく、質問ができたり、みんなで話したりする時間も作りたいと考えています。

くらし部会を開催しました

公開日:2013年10月29日

 本日、くらし部会を開催しました。

 今回は、前半に簡単に来月の避難訓練の参加について確認したあと、後半に発達障害についての勉強会を行いました。

 発達障害者東部相談窓口の方にお越しいただき、発達障害の特性等についてお話していただいたあと、発達障害者の方の特徴的なエピソードを元にしたグループワークを行い、「自分だったら、このように対応する。」という意見を出し合いました。

 くらし部会では、以前から発達障害について知る機会をもたなければ、という話が出ており、その機会をようやく設けることができました。今日の話を元に、今後は発達障害の方の課題にも目を向けることができればと思います。

 次回は11月25日の開催予定で、来年度の方向性を決めていきたいと思います。

居宅介護事業者ネットワーク会議を開催しました。

公開日:2013年10月16日

 本日、居宅介護事業者ネットワーク会議を開催しました。

 前回の会議で、「精神障害についての研修会をしたい」ということを決めましたが、事務局で調整し、講師と日程が無事決まりました。

 講師は藤田修美氏、日程は12月5日13:00~15:00です。

 今回は、普段の実践の中で「どう関わったらよいか」と悩む場面を皆さんに出してもらい、一緒に考えたあと、先生からアドバイスをしていただく、という流れを考えています。

 藤田氏はいつもわかりやすく、親しみやすいお話をしてくださいます。5月に当協議会のネットワーク会議でもお話をしていただき、大変好評でした。居宅介護事業者のサービス管理責任者の方、ヘルパーの皆さん、職種問わず多くの方にご参加いただきたいと思います。

 また、本日の会議では、利用者さんが居宅介護事業者に派遣依頼する際に参考となる「事業者リスト」のあり方について意見交換し、今後、このネットワークで利用者さんがスムーズにヘルパーを見つけられるような方法を考えていきたいという話をしました。

 居宅介護事業者の方々には、近日中に、研修のチラシと、事業者リストについてのご意見をうかがう書類を発送させていただきますので、ご協力いただきますようよろしくお願いします。

しごと部会定例会を開催しました

公開日:2013年10月15日

10月7日の定例会では、自主製品販売についての勉強会を行いました。

年に2回の「東灘手づくりマーケット in御影クラッセ」をクラッセ館内での定例開催にしたい・・・という思いがあり、実現に向けて進めようとしています。そこで、8月にクラッセ館内で開催した販売会をもとにデザイナーの畠さんからアドバイスをいただきました。

「ディスプレイに高さを出してみる」「商品をたくさん見てほしいのでたくさん並べてしまいがちだが、お客さまが選びやすい量がある」などレイアウトやポップの書き方、マーケティングなど・・色々なことを教えていただきました。

まずは、「どんなイメージの販売会にするか、どのようなお客さまをターゲットにするか」など私たちしごと部会マーケットチームでじっくり話し合うことになりました。

これから畠さんのアドバイスをいただきながら、クラッセに合うマーケット開催に向けて準備を進めていきたいと思っています。みなさまにご案内できる日がきますように・・・♪

障がい学びのプロジェクト会議開催しました

公開日:2013年10月15日

天候不良で会議が一度延期になったこともあり、ずいぶん久しぶりになってしまいましたが、障がい学びのプロジェクトの会議を行いました。

現在、知的障がいや発達障がいについてのプログラムを検討していますが、どんな内容にすればいいか本当にみんなで頭を悩ませています…。今回は、子ども向けに書かれた障がいについての絵本など書籍を参考にしながら話し合いを行いました。
体験を絡めつつ、どんな事例を使って話をすれば子どもたちに伝わるのか、まだはっきりとは見えてきませんが、脳のしくみについて簡単な説明を入れてはどうかという案が出ました。

次回までに各自で脳の仕組みについて子ども向けに書かれた資料を探す宿題が出ました。
次回にはもう少し具体的な流れができるかな…?できたらいいな…